スペイン語の動詞活用: スペイン語の動詞を未来時制、過去時制、現在時制を変化させてください

X
活用する

スペイン語の動詞活用

スペイン語動詞の辞書形が入力できる。 例えば: "comer", "jugar", でも、ます形、た形、否定形も ("quería", "tuvo", "escribiste") 活用されます。 Reversoの活用形では、再帰動詞("encontrarse", "enojarse")、否定も("no saber")認識されています。 «二つの分詞を持っている動詞»をクリックすると、二つの分詞を持っている動詞のリストが表示されています。規則分詞が、助動詞 "haber"と"ser"を加えて、使用しています。不規則分詞は、形容詞として分詞です。"ser" “estar”を加えて使います。 (助動詞 estarserを加えて使います。)

二つの分詞を持っている動詞の活用規則と動詞の活用の種類の規則に従って活用されています。 詳細についてはここをクリックしてください。

Reversoの活用形では、活用の種類に当たる動詞を変化させることができます。 存在していない動詞、スペルミスの動詞、(tuitear, cajonear, conflictuar)などの新しい動詞も変化させることができます。

10秒で完了! ブラウザからの直接翻訳, 活用形, スペルチェック

ブラウザに追加してください

Reverso 活用形を使って動詞を変化させる英語で, フランス語で, ドイツ語で, イタリア語で, ヘブライ語で, ロシア語で, アラビア語で, 日本語でポルトガル語で . 活用ルールを勉強し、動詞活用グループを確認してください。文脈によって動詞を翻訳して、動詞の定義を探してください。

広告
テキストがコピーされた
広告